オールドロックと呼ばれても、今でもロックな日々は続いてる

クイーンキッスエアロな日々

ブリティッシュ・ロック

クイーン最初のヒット曲 輝ける7つの海

投稿日:

「輝ける7つの海」は重要な曲

前回「クイーンII」について書きましたが、このアルバムのラストナンバーは「輝ける7つの海」です。

この曲はいろんな意味で、クイーンにとって重要な曲です。

まず、前回も書いたようにクイーン最初のヒット曲で、イギリスで第10位まで上がりました。

最初にヒットした曲が10位で、その次のアルバムからの曲が2位に入り、さらにその次でナンバーワンって、売れるバンドのサクセスストーリーです。

その最初の曲が「輝ける7つの海」でした。

この曲の原題は「Seven Seas Of Rhye」つまり「ライの7つの海」

Rhyeは、フレディー・マーキュリーが考えた場所の名前です。

このRhyeは、サード・アルバムの「谷間の百合」にも登場します。

「輝ける7つの海」はファースト・アルバムのラストナンバーでもあります。

同じ曲なのですが、テンポが少し遅くて、歌詞が入っていません。

未完成品をとりあえず予告編として入れました。

そして完全版が「クイーンII」の「輝ける7つの海」です。

曲の最後で、突然酔っ払いのコーラスみたいなのが入ります。

この曲はイギリスのトラディショナル「I do like to be beside the seaside」です。

サード・アルバムの冒頭、遊園地のSEの部分で入る口笛が同じ曲を吹いています。

当時のクイーンはアルバムが少しずつつながりを持っていました。

シングルのB面は「シー・ホワット・ア・フール・アイヴ・ビーン」で、ブルース調の曲ですがアルバムには未収録でした。

1991年のハリウッドレコードのクイーンIIのボーナストラックとしてCDではリリースされました。

その他にもシングルボックスでは、入手可能でした。

初期のライブでは聞くことができます。

本日の一曲

もちろん「輝ける7つの海」

イントロも印象的ですし、途中のギターソロのフレーズもしびれますが、そのギターソロの最後でブレイクする部分がとっても気持ちいいのです。

しばらくはライブから外れていましたが、マジックツアーではライブ演奏もされており、ライブ盤でも聞くことができます。

また、ベスト盤にも収録されています。

今回はもちろんオリジナルを紹介します。


【Amazon.co.jp限定】クイーン Ⅱ (特典:メガジャケ付)

-ブリティッシュ・ロック
-, ,

Copyright© クイーンキッスエアロな日々 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.