オールドロックと呼ばれても、今でもロックな日々は続いてる

クイーンキッスエアロな日々

プログレッシブ・ロック

プログレッシブ・ロックの活動状況

更新日:

プログレはこの時期どうだった?

プログレッシブ・ロックはこの頃も健在です。

この頃というのは1975年と1976年頃です。

この頃の4大プログレバンドの活動を見てみます。

エマーソン・レイク・アンド・パーマー

レディース・アンド・ジェントルメン(ライブ音源:1974年)

ELP四部作(1977年)

キング・クリムゾン

レッド(1974年)

USA(ライブ音源:1975年)

ディシプリン(1981年)

イエス

リレーヤー(1974年)

究極(1977年)

ピンク・フロイド

炎~あなたがここにいてほしい(1975年)

アニマルズ(1977年)

これら4大プログレバンドの1975年と1976年の活動といえば、

クリムゾンが場繋ぎのライブ音源を発売した以外は、フロイドの炎だけです。

ついでに5大プログレバンドと言われることのある2つのバンドを見てみると

ムーディー・ブルース

セヴンス・ソジャーン(1972年)

オクターヴ(1978年)

ジェネシス(ピーター・ガブリエル版)

眩惑のブロードウェイ(1974年)

1975年にピーター・ガブリエルが脱退

その他にもジェスロ・タル、ルネサンス、キャメル、カーヴド・エアなど、この頃も活躍していました。

大ヒットがあったかと言えば、そうでもありません。

1975年と1976年はプログレにとっては、ピンク・フロイド以外は活動が活発ではなかった感じです。

本日の一曲

ピンク・フロイドの「あなたがここにいてほしい」

原題が「Wish You Were Here」

アルバムの内容はスケールの大きいShine On You Crazy Diamond (Parts I–V)とShine On You Crazy Diamond (Parts VI–IX)の間に「ようこそマシーンへ」と「葉巻はいかが」と「あなたがここにいてほしい」が挟まります。

2つのシャインオンはそれぞれ13分半、12分半の大作で、つなげると26分にもなります。

間の作品は商品のようにも見えますが、それぞれ7分半、5分強、5分半のそれなりに長い曲です。

さすがプログレ。

そして、中でもアルバムタイトル曲はとっても印象的です。


炎-あなたがここにいてほしい

-プログレッシブ・ロック
-, ,

Copyright© クイーンキッスエアロな日々 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.