オールドロックと呼ばれても、今でもロックな日々は続いてる

クイーンキッスエアロな日々

アメリカンロック

イーグルスの大ヒットはさらにその先が

投稿日:

いつの間にか洗練された都会の音楽に

1975年に人気を集めたバンドのひとつにイーグルスがあります。

なんとなく「埃っぽい」「汗臭い」イメージで、リンダ・ロンシュタットのバックバンドから、「Take It Easy」と歌ってヒットを重ねていました。

「気楽に行こうよ!」って感じでしょうか。

メンバーはグレン・フライ、ドン・ヘンリー、ランディ・マイズナーら、でした。

その後、ドン・フェルダーが加わり、ジョー・ウォルシュも加わります。

加わるということは、当然出て行った人もいますが、そこは省略。

1975年あたりはランディ・マイズナーの影響もありロック色が強まっていった時期です。

発表されたアルバムが「呪われた夜」これが大ヒットしました。

イーグルスはいつの間にか洗練された、かっこいい都会の音楽に変わっていました。

シングルは「呪われた夜」「偽りの瞳」「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」

日本では特に「呪われた夜」がヒットしました。

イーグルスの特徴は、ロスアンゼルスを拠点に活躍したことです。

そのためウエストコーストロックとも呼ばれました。

しかし、メンバーのほとんどはカリフォルニア出身ではありません。

少なくとも上に挙げた5人は(ミシガン州、テキサス州、ネブラスカ州、フロリダ州、カンザス州)はカリフォルニアではありません。

この時点で「呪われた夜」は最高のアルバムと称されました。

しかし、イーグルスの大ヒットにはさらにその先があったのです。

翌1976年に歴史的名盤「ホテル・カリフォルニア」が発表されました。

ちなみに「ホテル・カリフォルニア」後にメンバーになったティモシー・シュミットだけはカリフォルニア州出身です。

本日の一曲

文句なく「呪われた夜」です。

名曲です。


呪われた夜

-アメリカンロック
-, ,

Copyright© クイーンキッスエアロな日々 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.