オールドロックと呼ばれても、今でもロックな日々は続いてる

クイーンキッスエアロな日々

アメリカンポップス

カーペンターズの大ヒット曲

投稿日:

この頃最も人気があった洋楽はカーペンターズ

外国から来た流行の音楽を「洋楽」あるいは「ポップス」と呼ばれていました。

ほとんどは英米ですが、フレンチポップスなどもありました。

ロックもポップスの範疇に入っていました。

今のJ-POPと似ていますが、基本的にはカタカナ表記でした。

その中で最も人気があったのがカーペンターズです。

カーペンターズと言えば「イエスタデイ・ワンス・モア」が有名ですが、この曲は1973年に発表された曲です。

1975年には「プリーズ・ミスター・ポストマン」「オンリー・イエスタデイ」「ソリテアー」の3曲がヒットしています。

歌の巧さと、聞きやすさがあり、育ちの良さそうな雰囲気や、カレンという語感のなども相まって、日本でも大人気でした。

オリビア・ニュートン・ジョンやリンダ・ロンシュタット、キャプテン&テニールなどもいました。

カーリー・サイモンやバーバラ・ストライサンド、キャロル・キング、ロバータ・フラックも健在でした。

しかし、カーペンターズの人気は頭ひとつ出ているような感じでした。

今日の一曲

カーペンターズの特徴として当時、比較的新しかった音楽であるロックへのアプローチが挙げられます。

カーペンターズのデビュー曲は「涙の乗車券」ですし「ヘルプ」もカバーしています。

そしてビートルズでも有名な「プリーズ・ミスター・ポストマン」を大ヒットさせました。

その他にもレオン・ラッセルやイーグルスの曲も取り上げています。

兄のリチャード・カーペンターはピアノを弾いていました。

一方、妹のカレン・カーペンターはドラムをたたいていました。

その影響かもしれませんが、ピアノと共にドラムスが強調される曲もありました。

その代表的な一曲が「オンリー・イエスタデイ」で、ドラムスの特徴的なリズムから始まります。

今日の一曲は「オンリー・イエスタデイ」です。


緑の地平線(ホライゾン)(紙ジャケット仕様)

-アメリカンポップス
-, ,

Copyright© クイーンキッスエアロな日々 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.