オールドロックと呼ばれても、今でもロックな日々は続いてる

クイーンキッスエアロな日々

ブリティッシュ・ロック

クイーンのフレディー・マーキュリー

更新日:

クイーンのフレディー・マーキュリー

ロックファンを長く続けていますが、中でも一番好きなのはクイーンです。

フレディー・マーキュリーは今や知らない人はいないほどの知名度になりました。

と思いきや、一般的な日本人にはそこまで知られていません。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」があれだけヒットしたにもかかわらず、アーティストの名前なんてどうでもいいのが普通の日本人。

「映画は見たけどフレディー・マーキュリーの名前はど忘れしていた。」という人も多く、このような人はいつもど忘れしています。

フレディー・マーキュリーをしてこれですから、他は推して知るべしです。

さてそれはいいとして、クイーンは1975年頃も、日本で最も人気のあったロックバンドでした。

ファンの間では、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコンのそれぞれ人気がありました。

クイーンの面白いところは、フロントマンのフレディー・マーキュリーに人気が集中していたわけではないというところです。

見ればわかりますが。

当時のメンバーは、それぞれがかっこよかったのですが、中でもロジャー・テイラーはロック界でも随一の容姿端麗なロッカーでした。

本日の一曲

クイーンは1975年4月に初来日を果たしますが、その時の盛り上がりは凄まじいものでした。

前年に発売されたアルバム「シアー・ハート・アタック」とシングル「キラー・クイーン」が大ヒットしている最中でした。

そして次なるシングル「誘惑のロックンロール」がこれまた大ヒット。

それを期にそれまでに発売された曲もどんどんオンエアされます。

その勢いは1975年12月に発売されたアルバム「オペラ座の夜」とシングル「ボヘミアン・ラプソディ」でさらに拍車をかけます。

翌1976年3月の2度目の来日で、さらにさらに拍車をかけます。

6月に出たアルバムからの2枚目のシングル「マイ・ベスト・フレンド」も大ヒットです。

そしてそれに前後して今までにリリースされていたシングル曲が再発されます。

しかも豪華カップリングです。

「誘惑のロックンロール」と「炎のロックンロール」のカップリングです。

「キラー・クイーン」と「輝ける7つの海」のカップリングです。

当時のクイーンのレコード会社はワーナー・パイオニア(レーベルはエレクトラ)でした。

やれることは何でもやろうという姿勢でクイーンを売っていた様子がよくわかります。

本日の一曲は「キラー・クイーン」です。

サード・アルバム「シアー・ハート・アタック」のA面2曲目です。

クイーンの代表曲ですから多くのベストアルバム、ライブアルバムに収録されています。


【Amazon.co.jp限定】グレイテスト・ヒッツ (特典:メガジャケ付)

-ブリティッシュ・ロック
-, ,

Copyright© クイーンキッスエアロな日々 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.