オールドロックと呼ばれても、今でもロックな日々は続いてる

クイーンキッスエアロな日々

アメリカンハードロック

エアロスミスのスティーブン・タイラーとジョー・ペリー

更新日:

エアロスミスのスティーブン・タイラーとジョー・ペリー

クイーン、キッスときたら、エアロスミスが来ないわけにはいきません。

「クイーン、キッス、エアロスミス」と言うのが、言いやすいのでこの順番ですから、エアロスミスが一番でも構わないのです。

バンド自体は本格的な活動をしていませんが、フロントマンのスティーブン・タイラーは、今でも元気です。

エアロスミス、ナンバーワン説は十分頷けます。

もちろんジョー・ペリー、トム・ハミルトン、ブラッド・ウィットフォード、ジョーイ・クレイマーと素晴らしいラインナップです。

最初の頃は、エアロスミスはローリング・ストーンズにそっくりでした。

スティーブン・タイラーは顔までミック・ジャガーに似ていました。

ジョー・ペリーの顔はキース・リチャーズにはそれほど似てないと思います。

でも、マイクを間に挟んで歌う二人の姿はストーンズそっくりでした。

サウンド的にも似ていました。

ファーストアルバムはストーンズの影響を受けた曲もあります。

ただ、そればっかりじゃいけないということで徐々にストーンズ職を脱していって、3枚目の「闇夜のヘヴィーロック」当たりではかなりオリジナル色が強くなってきています。

そして、初期の名作「ロックス」が発表される頃には日本でも火が付きました。

本日の一曲

「ロックス」からまず売れたのが「ラスト・チャイルド」なのですが、同時に過去の作品もどんどん人気が高くなっていきます。

特にエアロスミスは邦題に特徴があるものもありました。

「ウォーク・ディス・ウェイ」は当初「お説教」でした。

なるほどねぇ、って感じでしょ。

「スウィート・エモーション」は「やりたい気持ち」でした。

気持ちはわかるけど、両方とも売れませんよね。

ただこれら2曲も含めて、オンエアの機会は増えています。

続くシングル「ホーム・トゥナイト」「バック・イン・ザ・サドル」だったり、それより前に発表された「ママキン」もオンエアされます。

そんな中ファーストアルバムの曲が再発され大ヒットします。

それが本日の1曲「ドリーム・オン」です。

エアロスミスの原点にして、最高傑作と呼んでいいほどの珠玉のバラードナンバーです。


野獣生誕(エアロスミスI)(紙ジャケット仕様)

-アメリカンハードロック
-, ,

Copyright© クイーンキッスエアロな日々 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.