オールドロックと呼ばれても、今でもロックな日々は続いてる

クイーンキッスエアロな日々

アメリカンハードロック

キッスのジーン・シモンズとポール・スタンレー

更新日:

キッスのジーン・シモンズとポール・スタンレー

キッスのジーン・シモンズが先ごろ引退を表明しました。

そう言えば、2019年の紅白にゲスト出演した際に、ポール・スタンレーはやたら元気でしたが、ジーン・シモンズは首から上しか動いていないのが気になりました。

舌の出し方や、得意の日本語「ハクシュー、ハクシュー」にも精彩を欠いていました。

コスチュームやベース・ギターの重さを考えると無理もありません。

ジーンはポールより2歳年上で、70歳を過ぎています。

キッスはハードロックと認識されていますが、かなりポップなセンスの楽曲が多いですよね。

見た目通り、ライブ・パフォーマンスが話題でした。

3枚のオリジナルアルバム後、1975年にライブアルバムをリリースしました。

「Alive!」ですね。

この頃のメンバーはジーン・シモンズとポール・スタンレーの他にエース・フレーリーとピーター・クリスです。

メイクのイメージは、それぞれコウモリ、星、宇宙、猫!

このライブでわかったのは、キッスが見かけよりも聞きやすいということです。

「デュース」「ストラッター」「ホッター・ザン・ヘル」「ファイヤーハウス」「コールドジン」「ブラックダイヤモンド」そして「ロックンロール・オール・ナイト」などの楽曲です。

みんなで一緒に歌えるフレーズがたくさんあることがわかりました。

そして次のオリジナルアルバム「地獄の軍団」で完全にトップアーティストになりました。

本日の一曲

「地獄の軍団」には「デトロイト・ロック・シティ」「雷神」「ベス」「ドゥ・ユー・ラブ・ミー」と名曲揃いですが、ここでは「シャウト・イット・アウト・ラウド」です。

この曲はシングル・カットされました。

今では大っぴらに言うと問題になるかもしれない邦題でした。

ロボットサーチで引っかかったりすると嫌なので原題での表記とします。

1976年3月にシングル・カットされ、日本でも結構ヒットしたんですよね。

地獄の軍団の他にも「AliveII」などのライブアルバム、あるいは「Smashes, Thrashes & Hits」など多くのベストアルバムに収録されています。


地獄の軍団

-アメリカンハードロック
-, ,

Copyright© クイーンキッスエアロな日々 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.